10人いれば、10通り。トップページ スライド画面について

10人いれば、10通り。

アジタスのデザイナー10人がコンペ部をイメージしてデザインをしてみました。
一人ひとりがコンペ部をイメージしてコンセプトを設定し、自由にデザインをしました。
同じサイトのメインイメージでもデザインにはこれだけの違いがでるのです。
ターゲットや目的、そしてデザイナーの表現方法によって無限のデザインが生まれます。

※各サムネイルをクリックすると拡大画像に飛びます。

未来のデザイナーが生まれる場所compebu.jp

Webだからこそできる動きを取り入れたデザインにしました。
集まれ、デザイナーのタマゴたち。そして誕生の産声をこの場所で。
(ハリュウ)

PAGE TOP
compebu

その時、その場でしかできない唯一無二の「伝える」があるはず。「伝えるデザイン」に触れていくうちに、世界は一気に広がります。今のあなたにしかできないデザインを見つけること。あなたの世界を広げること。「コンペ部」はそれができます。(永遠の後輩たけだ)

PAGE TOP
コンペ部

黙々と描き作ることは大切ですが、盲目的になっていませんか。デザインは、人に見てもらって意味が伝わってこそ、成立します。荒削りでもいい、限界まで頑張ったなら、周りが完全に見えなくなる前に、1回外に出てみませんか?
『コンペ部』なら、一人の制作ではわからなかったこと、学校や友だちからは学べなかったことがきっとみつかります!!(コクブン部長)

PAGE TOP
compebu

直感的に感じ取れる時もあれば、なかなか見えてこない事もある。何かを「創造」する事は一筋縄にはいかないもの。
一つ、言えることは最後まで諦めずに取り組む人にしか創造の神様は微笑んでくれないって事です。
「コンペ部」では、そんな諦めない人を歓迎しています。(T氏)

PAGE TOP
compebuコンペ部入部希望者絶賛募集中!

コンペ部に応募する皆様には、ぜひ熱い想いとひたすらに楽しむ気持ちを胸にデザインと向き合っていただきたいです。多くのデザイナーのたまご仲間と切磋琢磨し合いながら、時には挫けながら、人と話しながら、息抜きをしながら楽しくデザイン制作していただきたい、まるで部活動を楽しんでいるような感覚でデザインに打ち込んで欲しいという願いを込め制作させていただきました。(原)

PAGE TOP
2位は、負けの1番コンペ部 入部者募集中!

無難な順位を目指すのではなく、一番を目指して全力で取り組み、色々な人と競い合うことで、みんなで成長していける場になって欲しいと思い、よく部室に貼ってある標語の書かれた張り紙を作ってみました。出典は、アメリカ海軍特殊部隊の標語second place is first loser!です。(イハラ)

PAGE TOP
コンペ部compebu

デザインすることが好きなあなたへ。
どんなデザインも、人の目にさらされなければ成立しません。デザインは伝えるためにあります。
「コンペ部」で魅せてくださいあなたのデザインを。(タケウチ)

PAGE TOP

デザイナーのリアルなクロッキー帳を表現してみました。
悩んで考えて、うんうん唸ったり落書きしたり全然違うこと考えたり…そして一回リセットしてから考えると突然アイデアが湧いてきたり。そんな毎日。(ニシダ)

PAGE TOP

誰かのために必死に作ったものが、本当に喜んでもらえるかはわかりません。
前進するには「何故?」が必要です。喜んでもらえた理由、受け入れてもらえなかった理由を聞ける場としてコンペ部活用してもらいたい!ということをコミカルに表現しました。(ナカイ)

PAGE TOP
絶対に、負けない。COMPBU コンペ部

コンペとは、誰かと誰かの競い合い。理論か、感性か、判断するのは自分じゃない。
そこには必ずドラマがあるはず。待っているのは、友情か、憎しみか、はたまた…
月9ドラマ風に仕上げてみました。(渡部)

PAGE TOP